専門家/エキスパートが海外展開の救世主になる?

海外展開の専門家

専門家の斡旋をする企業と話して分かったこと

先日、エキスパート人材あるいは専門家の派遣を行うというある企業から、エキスパート人材として登録し、海外販路の開拓を目指す中小企業でコンサルをしませんか?という誘いがありました。話を聞いてみると、月2回、各1時間程度で月次25万を請求し、その会社とコンサル側で折半するのだとか。コンサルのレベルにより報酬は異なるが、上記の事例は大企業の幹部経験者クラスの報酬とのこと。

確か以前に、とある経営コンサルタントが「元締めに半分持って行かれる」と嘆いていたのを思い出しました。これくらいの報酬配分というのは決して珍しくないのかも知れません。

コンサルティングの成果で販路を拡大?

しかし個人的に驚いたのは、月次2時間という時間設定です。1回1時間ということですが、その1時間の枠の中で依頼企業のニーズや製品の特徴を理解するところまで至らないであろうと推測されます。ということは依頼者の状況把握もそこそこに、過去の成功事例などを語ることになるのでしょうか?その場合、依頼者のニーズと提供するサポートのギャップはどうやって埋めるのでしょうか?

大企業の海外事業部長クラスの百戦錬磨の猛者ならば、短時間に業界の特性や製品の強み、弱みを把握し、一瞬にして強烈なインパクトを残すことができるかも知れません。であれば時間にかかわらず25万でも安いものです。しかし果たして経営基盤の強固な大企業での経験が依頼企業に適用できるだろうか?という疑問もあります。

実務の担い手はやっぱり必要

もちろん、私自身がそのコンサルティングを受けたわけではないので、善し悪しを決めつけることはできません。ただ言えるのは、仮にそのコンサルティングが素晴らしい内容であったとしても、それを実行する海外営業要員は不可欠です。

実は中小企業で国際実務を担当する者の作業負荷というのは、決して軽くはありません。少人数でメールや電話の対応、問い合わせやクレームへの対応、インボイスやパッキングリスト等の貿易実務、英文契約書の作成、ホームページの英文記事の更新、英文取扱説明書の作成、英文パンフレットの作成、等々、枚挙にいとまがありません。もちろん、経験あるブレインのアドバイスも重要ですが、海外展開の実行部隊の体制作りも軽視はできません。

グラビティでは、海外展開や海外販路開拓のアドバイスだけでなく、現場の最前線に立つ実行部隊を提供することで、クライアント様の海外販路開拓の負担を軽減します。

実務とノウハウの両面からクライアント様を支える海外展開支援に関心のある方は、公式ホームページよりお問い合わせください。