英文契約書

海外顧客との契約において、自社の提示する契約書が法的な観点から妥当であるかは大切なポイントです。

また海外の顧客から提示される契約条件が不平等であることも、決して少なくありません。相手に悪意がなくとも、最大限自社に有利な条件を勝ち取ろうとするのは自然なことなので、強気の提示をしてくることが多いように思います。黙って見過ごすと、後でとんでもない条件を受け入れていたことになっていた、なんてこともあるので注意してください。

英文契約書は単にこなれた翻訳者が英文を作れば良い、というものではありません。販売後のリスクに備えるためには、法的に有効な書面の作成が必要です。

グラビティでは法律事務所と提携して、単なる契約書の翻訳文ではなく、法的な視点で妥当性を検討した英文契約書を作成します。

製品は販売して終わりではなく、販売後のリスクにも備えなければなりません。グラビティでは契約書においても皆様をサポートしますのでご安心ください。